■Calendar

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Miraculous Answerer 1/灼なる灯し

1/灼なる灯し


 ――俺は人を殺したんだ。
「見れば、解りますよ」
 彼の言葉に彼女はそう答えた。
 新鷹(あらたか)月見(つきみ)の前には、死体が転がっている。その死体は月見の高校の後輩で、月見は今はもう喋らない彼女と一緒に帰っていた途中だった。
(……結構、いい娘だったんだけどな)
 苦痛に塗れた後輩の顔を見ていると、ぼんやりと、そんな曖昧な感慨が湧いてくる。今、目の前に居る男に殺されたばかりだというのに、月見は他に何も感じない。
 仕方が無い。
 それが一番近い感想だった。この娘は、今ここで死ぬ事になっていたのだろう。だから仕方が無い。
「違う。この娘の事じゃない」
「はぁ」
 我ながら何とも気の抜けた返答をしてしまったと月見は思う。相手は人殺しだというのに、彼女には少しも動揺が無い。
「俺は、以前にも人を殺したんだ。この娘が別に初めてじゃない。大体……五人目くらいだな」
「あぁ、連続殺人犯さんですね」
 またやってしまった。意味の解らない返答だ。
 月見は自称・殺人鬼を一瞥する。
 彼には左腕が無い。右手には、後輩を殺した時に付いた血の跡がある包丁を持っている。
「えっと……あたしも殺します?」
 まだ血が滴り落ちる刃の切っ先に目線を落としながら月見は訊く。
 殺人鬼は答えた。
「いや、いや別にその気は無い。もう今日は満足したし……」
 殺人鬼は器用に包丁を持った片手で頭を掻く。
「俺が言いたかったのは、俺が真性の人殺しだって事だ」
 はぁ、と今度はもう何も考えずに月見は間の抜けた返事をする。
「言い訳する訳じゃないけど、人に殺しを見られたのは初めてで……こういう時、どうすればいいのか判らないんだ、俺は」
 普通なら目撃者を殺すんじゃないの、と月見は思ったが、その殺される人間が自分なので、面倒を避ける為に黙っていた。自分が殺される訳が無いと思っていても、会話を繋げてしまうのが怠いのだ。
「……変な奴だな」
 ぼそりと、殺人鬼が呟いた。思わずそれに月見はむっとする。
「変な奴って何ですか。そっちの方が全然変です。人殺しの癖に」
「あぁ、まぁそうなんだけど。友達が殺されたのに、何にも無いから――変だ」
「…………」
 ――それは。
 それは仕方が無い事なのだ。
 殺されてしまったのは仕様が無い。それが月見の後輩の運命だったのだろうから。だから、殺した張本人は殺したのだし、そこに何を言っても意味が無い。月見は、そう思ってしまうのだ。
 この、ともすれば壊れてでもいる様な女子高生の厭世観に、その沈黙から何も読み取れずに、殺人鬼は困り果てる。
「もしも」
 ぽつりと、月見は言った。
「もしもあたしが、この状況に何か思うなら――それは、よくて神様がムカつくってだけですよ」
 はぁ、と適当な相槌を打ったのは、今度は殺人鬼の方だった。
「やっぱり変だ」
「……うっさいな人殺し」
「別にそんな事言われても俺は傷付かないけど。怪訝しな感性だ」
 怪訝しいと言われれば、まぁ怪訝しいんだろうな、と思うしか無いのが頭の痛いところである。
 事実、月見は普通の人間ではないのだから。
 彼女は〝全燔の鏖殺(ホロコースト)〟だった。
 三年前の奇妙な出来事――彼女は世界の枠から外れた人間達の争いに巻き込まれ、自分もまた外れた。
 その事件の時に、自分と敵対した〝吸血姫〟(ブラッドサッカー)と呼ばれていた美しい女の形をした化物は、外れた存在を媒介者(ベクター)と呼んでいた。一度死に、〝文明の安楽椅子(ホモ・サピエンス)〟の世界から消える事で他の世界の可能性を得た存在と。月見は、そうなってしまったのだ。〝全燔の鏖殺(ホロコースト)〟という名を持つ媒介者(ベクター)に。
 それにより彼女は全てを燃やす事が出来る、己の知覚の裡にあるものを。だから、高が殺人鬼の一人ぐらい怖くない。
「神、か」
「え?」
「先刻言ったろ、神様がムカつくって。俺は神なんて考えた事も無い。俺は俺として自由に殺すだけだから、そんな奴は知った事じゃない」
「自由、ですか」
 あぁ自由だ――殺人鬼は言う。
「少し前に俺の中身を読み取った人が居て、その人は俺自身が気付いていなかった事を教えてくれた。この世界で俺は、俺以外になれないから己を由とすればいいんだ、ってさ。だから俺は人を殺し続けていい、って気付いたんだ」
「己を由とする……」
「そう、それが俺の名前だから」
 自由であるという事。月見はそれに不快感を覚える。
「貴方の名前……教えてくれませんか、殺人鬼さん?」
 殺人鬼は不思議そうな顔をして、言った。
「俺は己(つちのと)、己由(ゆう)だ。なんなら、君の名前も教えてもらっていいか?」
「あたしは、新鷹月見です。……自由だなんて」
 月見は目を伏せ、そこで言葉を切った。その先を口にしてしまったら、負けを認めなくてはならなくなると思ったからだ。
 ――下らない、けれど羨ましい。
 月見は、自由を口にする殺人鬼に対して、そう感じてしまったのだ。
 彼女は『運命』や『神』といったものを極端に嫌う癖に、それをどうにも出来ないと諦めて生きている。
 そもそも、その奇妙な達観を抱く様になったのは、彼女自身の能力が原因だった。『ホロコースト』という言葉。これはユダヤ教の、神への供物を焼いて捧げるという全燔祭が、その元々の意味だ。それが転じて火災による惨事、虐殺という意味を持っているが、月見は自分の能力は後者のものだと思っている。
 能力の名の意味を自分で調べた時に、月見は特殊な宗教観を持つこの国に生まれて初めて、神という概念に興味を抱いた。
 何か超越的なモノがこの世界を定めているという考え方。それは明らかに自分よりも上に居るもので、全てを決めている。そう、所詮神が創った世界に於いて、自分の事など始まりから終わりまで最初から決まっているのだ。
 この事に気付いた時、月見は全てを無茶苦茶に燃やし尽くしたくなったが、それも神の決めた事かも知れない、と止めた。あとで思ったが、どっちにしろ、自分のその選択が神の仕業なのだとしたら意味が無い。泥沼に嵌った果てに、彼女は諦めた。
 だから月見は、自由に嫉妬する。
「自由がどうかしたのか」
 殺人鬼がふと訊いてくる。
「いえ……己さんが、どうしてそこまで確信を持てるのかなって」
 他人に言われた程度の事なのに――月見は由に疑問を投げ掛ける。
「あぁ――確かにそうだな」
 変に納得した様に彼は言った。
「あの人……鼎(かなえ)さんは、不思議な人だったからな。まるで全てを識っているみたいな話を俺にしてくれた」
 いや――と由は自分の左腕があった付け根を押さえて、何かを思い出す様に言う。
「今思えば、全部識ってたんだろう、あの人は。そんな能力があったとしか、ただのヒトじゃない存在が世界に絡んでたとしか思えないな」
「ヒトじゃない……?」
「あぁ、変な話だろ? 俺は俺の事を全て把握している人に出逢ったし、俺の全てを模倣している奴にも出遭った」
 そのせいで失くしたんだよ――何処か自嘲気味に微笑いながら、由は左腕のあった場所を月見に見せた。
 どきり、と。
 その時月見は、殺人鬼を前にして初めて動悸を感じた。それは恐怖ではなく、混乱でもなく――期待だった。
「ちょ、ちょっと待って下さい。その人、己さんが会ったっていう人は、最初から識ってたんですか?」
 月見は自分以外にも媒介者(ベクター)が存在する事は知っている。だから別段、由が語る事に驚きはしない。きっと、由が遭遇したのは、何かしらの能力を持つ人間による出来事だったのだろう。
 だが、問題はそこでは無かった。
 段々と胸の鼓動が早くなるのが感じられる。今までの自分の人生で考えてきた無駄な妄想の実現が、そこにあるかも知れない。
(もしかして、出来るの……!?)
 身体が宙に浮く様な感覚がする。諦観だけの生き方をしていた月見が、期待に胸が膨らむのを止められないのだ。
「教えて下さい己さん! その人、貴方が会った人の事!」
「いや、教えてって言われても……」
「いいんです何でも。その人にあたしは会いたい……!!」
 急に浮き足立った月見に、由は困惑する。殺人を目にしたばかりの少女の奇妙な願いに対し、彼は眉を顰めた。
「まぁ、別にいいけど……。鼎だよ、その人は藤堂(とうどう)鼎。ここから少し離れたとこで、『伽藍の堂』って何でも屋さんをしてる人だ」
「カナエ……」
 月見は噛み締める様に、決して放さない様に、その名を口にする。
「変な女の子だな、本当に。そんな事を聞いてどうすんだ」
 由のその質問に、彼女は後輩の死体へ目を伏せる。
 すると、ぱち、と何かが弾ける小さな音がした。次第にその音は大きくなり、少女と殺人鬼の間に突然に熱が奔る。
 ぼうっ――と死体が燃え上がっていた。
 月見の〝全燔の鏖殺(ホロコースト)〟で点いた炎に、殺人鬼は瞠目する。これは目の前の少女がした事だと直感的に解り、そしてまた、彼女が以前に遇ったヒトではない存在に属すると解ったからだ。
「何だ……お前は」
 超越への畏怖よりも先に、目の前の華奢な少女に由は危険を感じた。雑食性の肉が焼ける異臭が鼻を突く中で、由は右手に持っていた包丁を握り直す。少しでも不審があれば殺せる様に。
「殺人の証拠隠滅です」
「はぁ?」
 予想外の返答に由は馬鹿の様な声を出す。
「己さんには、そのカナエって人のトコまで道案内をしてほしいから、警察に追われたりしたら面倒臭いんです」
 自分に真っ直ぐに向き直る月見のその眼を見て、少女が本気で言っている事が判り、由は取り敢えずの警戒を解く。
「……極め付きに変な子だ」
「変な子じゃないです、あたしは新鷹月見です」
 ふぅん、と由は燃え盛る死体を挟んで、妙に意固地な少女を見据える。大きな火の穂が一本、立ち上った。
「じゃあ月見ちゃん。訊きたいんだけど、君は何をするつもりなんだ?」
 月見の顔は死者の炎で赤らかに照らされている。その顔を向けて、彼女はとても真面目に、しかしそれ以上に突拍子の無い事を言った。
「神様を殺すんです」


2/吸血姫の来訪

拍手[0回]

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form