■Calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

需要調査的な


 そこそこ書きたいものあるんですけど、どれが需要に一致するか気になったのでアンケートで結果が出ねぇかな、という。


■紫陽花の色は定まらない ジャンル:新伝綺
 媒介者《ベクター》と呼ばれるホモ・サピエンスとは異なる多世界解釈的ヒトのエネルゲイアを媒介している能力者と、媒介者の〝なり損ない〟である虚有という霊的存在が居る世界。
 媒介者の一人であり、あらゆる人の死を許せない暁夜鳥(あかつき・ぬえ)が、同じく媒介者や虚有が引き起こす殺人事件を、能力者事件専門の探偵である黒木晨夜と共に追う。


 同人誌で上巻だけ出して、下巻の執筆がずっと止まってる物凄く申し訳無いやら何やら……という。


■エイドスの地 ジャンル:サイバーパンク
 人類種が、〝個〟を持たないという特性の無機生物と完全に融合し、集合的無意識を基盤としたネットワークを構築し、生体コンピュータ化した遠未来。
 世界には〝混沌〟と呼ばれる、あらゆる存在を情報の最小単位にまで分解するものが満ち、ヒトは安全性が確保されたアーコロジーのみを生存圏としていた。
 アーコロジーを運営する序列国家の一つである第七位国家ルクスリアで、ロールプレイ娼館の娼婦の一人として暮らす少女ソフィアが、本人も知らないところで大きな情報の流れに巻き込まれて行く。


 『小説家になろう』に掲載したところ、そこそこに好評を頂いた『ヒュレーの海』の続編的な。


■フォース・イーラ ジャンル:サイエンス・ファンタジー
 地球のリソースが全て費やされた仮想現実〝アークヤード〟で、人類は基底現実の知識を持たず、新たな歴史を綴って居る世界。
アークヤードの管理者存在〝ルール〟が提示し、実装した機能に従い、人類は生活を営んでいたが、ある時、ルールにより新たな機能である〝観測情報量操作技術〟である『クロミア』が実装される。
 ルールは色彩《クロミア》の名を持つ機能にレベルを設定し、それが10に達した者に基底現実への帰還権利を与えると提示した。
 クロミアが世界に浸透し、文化の一部として根付いた時代。クロミアにより繁栄したロボ家の娘であるリリィの父が暗殺され、彼女自身も謀略に巻き込まれて命を狙われる。
 絶命の窮地に立たされたリリィは、ロボ家の秘伝として伝わるユニークモジュール〝異界祀典〟を手にし、それを起動する。その機能により、異界――基底現実から、リリィは名も無き青年を召喚する。
 青年の力を借りる事で、リリィは復讐を誓う。


 完全に新作となる構想のもの。サイエンス・ファンタジーと分類したものの、多分サイエンスにもファンタジーにもなり切らない気がしている。


気が向いたら、ここからアンケートに回答してみて下さい。


拍手[0回]

【ヒュレーの海】完結しました。

あ、ツイッターとか、小説家になろうから来た人はこの記事読まなくていいです。

はい。
『ヒュレーの海』完結してました。二か月ぐらい前に。

ブログ体裁用に整えるのをずっと放置していたので、今回の更新で一気に11話分ですね。阿呆ですね。
そもそもブログ側で読んでいるという声は殆ど訊かないので、ぶっちゃけ小説家になろう側だけでいい様な気もしていましたが、縦書き体裁で元々書いているので、こっち側でのバージョンもあった方がいいですよね。煩ぇ需要無くても拘りでやるんだよ。

っていうか小説家になろうでルビと傍点振り直して更新した後に、ブログ側も更新しようという気力出ないっス。うっす。

黄金週間に突入したので時間を取れるという神聖なる言い訳の名の元に、更新を行いましたので、どうぞお読み下さい。

そんであとは感想下さい。うっす。

こちらですん。

拍手[1回]

【ヒュレーの海】24話まで更新

『ヒュレーの海』を22話から24話まで更新しました。
何と、一挙に三話の更新です。小説家になろうには疾うの昔に上げてました。

まー、あれですよねー、『小説家になろう』に上げてるんだから、別にこっちにも上げる必要無くねー? とか思ったりはしますけどー、でもねー、体裁を整えたバージョンという意味ではこっち側にも上げておきたいですからねー。

元々が縦書きの文章を『小説家になろう』では横書きにしてしまっている訳ですし、HTML表示でのルビや傍点の見栄えも考えると、やっぱり、きちんと縦書き体裁でのものは載せたくなるのが人情。誰かの。


『ヒュレーの海』を書き終わったら、加筆修正して本にすると思います。大昔に当該作品が短編だとほざいていた奴が居ましたが、彼は死にました。仕方がなかったのです。普通に十万文字超えてました。怪訝しいです。全然当初の指針とは違って、纏まっていません。シーン区切りのプロットを書かねぇからこういう事になるんだよ、というのは身に染みて解りました。
普通に書く時でもプロットはそんなにしっかり書きませんが、シーン単位での纏めレベルでしか書きませんが、今回は更に話の流れだけで書いているから酷い事になるんですね。

ところで、小話一つ書きました。ツイッターであれこれ言っていたネタで、槻木君と簓木さんの話。
恐らく、同人誌を買って頂いた人にしか判らないであろう登場人物二人の小話っていう。まぁ、何を今更感が漂う訳ですが。

下からどうぞ。



拍手[0回]

槻木に彼女が出来て簓木さんが何か面白くなさそうな話

『ヒュレーの海』更新しました

確か19話辺りからですね。
小説家になろうで投稿してから、こっちを放置する癖が付いてしまっているのか、ついつい更新にズレが。
というか怠惰な。

現在は21話まで掲載しました。

こちらからどうぞ。

それよりもヒュレーの海って最初短編とか何処かの誰かがほざいていたのですが、既に一年近く書いていますね。不思議ですね。光陰矢のごとしですね。違いますか? そうですか。

最近はもう、土日にしか執筆出来ていないので、まぁ当然の結果です。

そんな事よりメガテン4が出ます。

つまり何が言いたいかは判るでしょう。そうです、そういう事です。
今年の目標は既にメガテン4をクリアする事に据えています。いや、今年度の目標に変えておきます。

あー、執筆速度落ちんだろうなー、とか思いながら誤魔化しにちまちまとプレイ日記でも付けてみようかなと思ってもいます。っていうか気がの乗ったらやるわ多分これ。

何故なら中途中途で、プレイに間が空いて俺が何をしていたのか忘れる可能性があるからです。
つまり備忘録ですね。

恐らく次の更新はメガテン4プレイ日記のスタート……

で、やろうやろうと言いつつ、ツイッターでちまちま書いて終わるパターンが目に見えてるという塩梅ですよ。
ブレブレですね。

あと何度でも言いますが、小説の感想とか待っています。っていうか寄越せ。いや済みません下さい。

あぁ、それと最近『新世界より』の原作を読みました。
アニメを先に見終わってから読んだのですが、結構、忠実に原作の描写をやっていたんだなぁ、と。ただ、サキを語り部に据えて原作は進んでいるのに加えて、アニメはその主観を忠実に再現し過ぎてたまに意味不明なのは擁護出来ませんねアレ。

離塵がバケネズミ大虐殺やってる時の鎌鼬とか、何で女の姿やねん状態でしたからね。比喩表現をアニメ化するとああなるんだなぁ、って。
全体的に原作では説明しているところがアニメだと語りで騙し騙し表現しなくちゃいけないから、アニメスタッフさんお疲れ様です的な。

書く事無くなったからこれで終わりで。

拍手[0回]

アカン。

 放置し過ぎた。
 死んだかと思われてるかも知れませんが生きてます。

 っていうかちゃんと小説書いてましたからね!!

 証拠

 ドヤ顔はしません。
 何気にヒュレーの海を第18話まで更新してました。
 最近は『小説家になろう』に投げるだけ投げて満足してましたからね。
 更新報告とかやってませんでしたからね。
 っていうかlightbox表示にすんの面倒臭ぇんだよ。

 まぁ、その方式で掲載し始めたのは俺なんですけどね……思い付いた当初はごっつえぇアイデアやと思ったんですよ……嵩張るとここまで面倒とは思わず……

 wordドキュメントをPDFで保存してからpngに変換して、アップロードした後にlightboxのリンクタグ貼り付けるのがもう手間で手間で……いや、テキストエディタとExcel駆使すれば一瞬なんですけどね……

 暫くは『ヒュレーの海』しか更新するつもりが無いので悪しからず。というよりも何個も同時に小説書く程器用じゃなかったんです!

 っていう訳で、新年のあいさつはすっ飛ばして新年度の挨拶ですね。
 アカン奴ですねコレ。

 頑張ります。

拍手[0回]