■Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Wordちゃんによる小説同人誌の作り方

「wordちゃんマジword」

 ――こんな事を思った人は多いのではないだろうか?
 あの糞アマ(※語弊あり)、何でいつもしょうがない事ばっかりしやがる。ドジッ娘か? ドジッ娘アピールなのか? と愚痴りながらも何だかんだで使っている人、もしくは使わざるを得ない人が多いと思われる中、ここではwordちゃんによる小説同人誌の体裁の整え方でも書いてみようかと思います。

 俺が使っているMSWordが2007なので、2007の機能とレイアウトで話していきますが、wordちゃんの基本機能的には殆どどのWordでも可能だと思います。

■ページの設定をする

 まぁ、当たり前ですが一番最初の部分です。 
 取り敢えずやっていきましょう。

 1.原稿サイズ
 先ずは[ページレイアウト]>[ページ設定]を開いてください。
 ダイアログが出てきますよね。出てこない人は多分そのWord壊れているので修復して下さい。

 そのダイアログから[用紙]タブを選択すると、用紙サイズが選べます。
 それで終わりです。
 
 何を言われてもそれで終わりなので困ります。
 補足としては、新書サイズは105×173とかですが、印刷所さんによって変わるので、そこを参照して下さい。

 2.ページ余白
 次はページの余白設定です。再び[ページレイアウト]>[ページ設定]を開いてください。ダイアログにずばり[余白]タブがあるので、そこを選択すると上下左右の余白を弄れます。

 ここは本を作る際の好みになりますが、通常の小説体裁にしたいという人は、
 上12mm 下12mm 左10mm 右10mm
 にして、あとは自由に微調整すればいいと思います。

 あと、ここでちょっとしたポイントなのですが、このままの状態で原稿を作って印刷所さんに出すと、恐らく本として綴じた時に本文が中央の綴じ代部分に巻き込まれます。
 なので、それを回避する為に、[余白]には[とじしろ]という欄があるので、そこで調整しましょう。
 大体、3mm程あれば大丈夫だとは思いますが、そこもやはり好みで調整を。

 3.文字数と行数
 まだページ設定のダイアログのターンです。次は[文字数と行数]タブを選んで下さい。そこで先ずは、文字方向を縦書きに変えましょう。

 有り難い事に、wordちゃんはここで用紙の向きも一緒に変えてくれる事があるので、下のプレビューが横になっていたら先刻の[余白]タブから印刷の向きを縦に直しておきましょう。

 あと、新書の本を作りたい人や、B5サイズで文章を二段構成にしたい人は、序でに段数の数字を2にしておきましょう

 次に[文字数と行数を指定する]にチェックを入れ、これまた好みの文字数と行数を指定しましょう。で、また通常の小説体裁にしたいという人は、
 文庫本:文字数36 行数16
 新書本:文字数20 行数16(二段組の場合)
 新書本:文字数40 行数16(一段組の場合)

 にして、これまたやはり調整すればいいと思います。

 これで、ページ設定は終わりです。

■本文の行間隔の調整

 次は本文の行間隔の調整です。
 ルビを使う人はが誰でも経験した事があると思うのですが、wordちゃんはルビを使うと行がやたらと幅を取りますよね?
 その問題を解決したいと思います。

 ルビを振るとずれる理由は、[表示]>[グリッド線]で、行の線を表示すると判ると思います。



 判ったでしょうか? 何とwordちゃんは親切にもルビを振ると、そのルビの文字すらも一行として扱ってくれるのです
 日本語には要らない機能ですねこれ。

 まぁ、システム的な詳しい事は知らないので、恐らくそうなのだろうという推測で物言ってます。原因違ったら済みません。

 当然、これを解決する方法はあります。
 [ホーム]>[段落]を開いてみましょう。
 そこに、[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]というチェックボックスがあります。こいつが原因です。
 なので、外してみましょう。



 見事に行に収まりましたね。
 ただ、これでもまだグリッド線を見てもらうと判るのですが、きちんと行内には収まっていません。なので、調整をしてみます。

 ただ、この時に注意してほしいのが、改行です。
 通常のEnterを押して表示される曲がった矢印は『改段』で、本来Wordの『改行』はShift+Enterで表示される『↓』です。

 これらの違いは、俺もちゃんとは知らないのですが、
 改段:前の行の設定を引き継がない
 改行:前の行の設定を引き継ぐ

 と言ったところでしょうか。

 なので、普通に文章を改段をしている場合は、行毎に一つの『段』として塊を生成しているのですが、改行をすれば全体が『段』となります。



 こんな感じですね。
 ここで行間調整に戻りましょう。

 先程の[ホーム]>[段落]を開いて下さい。
 そこに[行間]という欄で、[1行]と入っている場所があります。これを固定値にしてみましょう。
 すると、[間隔]に[12pt]と数値が入ったと思います。これを好みの数値にすれば行間隔を細かく設定する事が出来ます。

 この行間調整の設定、段毎に為されているらしく、ただEnterを押して改段した文章だと、設定を段毎にやらなければなりません。
 そこで、Ctrl+Aで全体を選択してから調整をしましょう。

 ここの数値は、大体でページ設定に表示されている[行送り]の数値でぴったりだと思います。あとは微調整を(ry



 こんな感じになります。
 で、気付いたと思うのですが、ルビが見えなくなりましたね。

 仕様です。

 wordちゃんの仕様です。ルビが隣の行に被った時に、ルビは後ろに行きます。ルビは恥ずかしがり屋みたいです。これの解決策は知らないので、知っている人が居たら教えて下さい。

 因みに、印刷する時にはちゃんと出力されるのでご安心を。PDFとかで見てみるといいと思います。



 ほらね……ってルビ近いよっ!? 何やってんの?!

 って、まぁ、知ってましたが。
 ルビ近過ぎますね。嫌ですね。見栄え悪いですね。
 ですがこれも解決出来ます!!(ババーン

 先ずは振ったルビの設定を見ましょう。
 ルビ振った文字を選択して[ルビ]を開くだけでいいです。
 で、そこに[オフセット]という値がありますよね? この値を少なくすれば、ルビをより文字に近付ける事が出来ます。

 もう値が0じゃねーか!! と思ったそこの貴方。甘い。貴方はwordの謎仕様をなめている。
 [オフセット]を空白にしてEnterを押して下さい。そうすれば全て解決します。
 決して[OK]ボタンをクリックしないで下さい。その場合、[オフセット]の値に再び0が入力されてしまいますので。
 その結果がこちらです。



 判りますか? 微妙ですが、確かにルビの位置が変わっています。これだけでも本を読む時の見栄えはかなり変わりますし、まだ隣の行に近いと思ったなら行間隔設定を少しだけ広くすれば解決します。

<追記>:2015/6/24 ルビの設定について
 ルビの設定について最近知ったのですが、Alt+F9によりルビの詳細設定を出来る様です。
 細かい事は面倒なので割愛しますが、一度やってみるとどんな感じか判ると思います。

 本文を編集するのと同様の感覚で弄れる上に、ルビの詳細表示中は、置換機能の対象等にもなるので、結構便利です。
 Alt+F9により表示された"hps"と"up"というパラメータの値を変更する事で、ルビのオフセット位置とフォントサイズを変更する事が出来ます。

 通常の状態に戻す時には、再度、Alt+F9で戻りますので、一度お試しを。
</追記>

 とまぁ、こんな感じで小説本文の体裁の整えられます。
 あとはページ数やら何やらは、ヘッダーとフッターで出来ますし、特に説明は要らないと思います。

 他に「これどうすんの?」って思った事があったら、訊いて下さい。答えられたら答えますよ。

 ただ仕様上無理なものは無理だ。
 それが「wordちゃんマジword」の由来である故に。

 あと、間違いがあったら済みません。自分で無理矢理に覚えた我流のWord活用法なので、全てが正しい事を期待しないで下さいね。

拍手[51回]

Comments

Comment Form