■Calendar

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Timer オムニバスギミックで±0な感じ

 今回はカスカナヒカリさんとこの『Timer』の感想なのよー。

 短編集で、秀逸なデザインの本。マジでここの本の装丁素敵。俺もこんなお洒落なセンス欲しいわ畜生。

 で、この本は人×時間というテーマで四編収録されています。タイトルにオムニバスと書きましたが、ギミック的な繋がりがあるので独立短編という意味では少し違うかも知れません。まぁ、でも俺が読んだ感じでは一話ずつ単独で簡潔している様に思えたのでオムニバスって表現が正しいかと。

 各話の概要はカスカナヒカリさんのとこに紹介ページがあるので、そちらをどぞ。
 それぞれ年月日時秒数と言った時間をテーマにしたお話になっていて、色んな立ち位置の主人公の境遇を、どちらかと言えばジュブナイル風に描いています。ジュブナイルという言葉がキャラクターの年齢層を指すのか、読者層を指すのか俺の知識だと曖昧なのですが、雰囲気だよ雰囲気。

 それぞれの時間のテーマを扱って色々なお話を組み立てていて、それをオムニバスにしている中で、少しだけ繋がっているというのは時間というものを取り上げる中で面白い感じがしましたし、長いのから短いのまで上手く時間を描いているのは面白かったです。
 特に好みだったのは[case.3]の『three days.』。何処と無く鬱屈としつつ、だらだらとした派遣バイトをしている主人公が、ひょんとした青春少女に会って自分もいっちょやってみるか的なのがベタだけど好き。まぁ、それと屋上ギターって絵面が非常に良かった。下手糞だけど独りで必死ってのが青春っぽいよね。俺知らないけど。

 ですが、残念だったのはそれぞれの主人公の書き分けが微妙だったとこですかね。性別も立場も違うのに、何と無く地の文の一人称が皆同じ人の語り口になっている気がして。キャラクター造形という意味での描写力不足ではなく、心情という意味での人物に違いが無い様で、ベクトルが同じ方向だった気がします。
 それが狙いであったのならいいのですが、どうもそんな必要性は無かったと思うので、単純に書き分け不足かなー、と。違うお話ながら、基礎が同じ人間の違う姿を見ているだけの様な気分に。[case.4]は例外ではありますが、本の大体を占める他の三編がそういう傾向だったので物語に少し飽きが見えました。

 そう言う事で、物語の構成とオムニバスの点とで相殺し合ってる形になってしまったのが残念。飽くまで俺の主観なので、他の人が読んだらどう感じるかは判らんのですがー。

 本のテーマと内容はよく出来ている分、各話の人物の語りが平坦になっている様な感覚も相対的に見えたのかしらん?

 ……あれ、何かほぼ主観的にしか感想言ってねぇ。

拍手[0回]

Comments

Comment Form