■Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

マブイグミの巫女<下> もうちょっと長く読みたかった!

 結構間空いちまったのですが、亜細亜姉妹さんの『マブイグミの巫女』の下巻の感想です。
 上巻の感想はこちらに。

 って訳で、大まかな世界観やら何やらは飛ばしますん。 

 霊障がボロボロ起きるって理由は、主人公の由果ちゃんの友達である与那覇澪の妹である彩ちゃんが、意識不明のまま入院している姉の澪の為に――明確な目的は不明瞭なまま――魂を集めている、という事が原因でした。
 昏睡状態の人間でも、電脳空間内で魂と対話出来るっていう電脳伝奇として非常にクるものがあるwktk領域で、彩ちゃんは姉と話を出来るからこそ、事件を起こしていたってという事になります。まぁ、彩ちゃんはそういった知識に疎くて、何も判らずに行動していたという面があるのですが。
 ここではもう少し、彩ちゃんの盲目的な、少し病的な姉に対する執着に関しての描写を増やしてあると、後の展開的に物凄くしっくり来て、話の盛り上がるにもカタルシスにも貢献させられたなぁと。

 個々の霊障に関しては以前にも書いた通りで、前後に個々人の事件の背景をもっと増やしてあったりすると、伝奇的なお話の厚みが増して、サイバーパンク部分との釣り合いが取れたと思うのです。個人的に、世界観としての『電脳』要素が根底にあるせいか、そちらに『伝奇』部分が喰われ気味かな、って感じで。

 物語の終盤として、一番最初の始まりの舞台として沖縄に舞い戻るのですが、沖縄行きたい\(^o^)/

 一度も行った事が無いし、剰え父上が出張の土産で買ってきたサトウキビ(五本入り)をガキの頃にそのまま齧ったりしたぐらいしか沖縄に触れた事が無いんだよ俺!!
 ――閑話休題。

 大本の事件の現場に戻って調査をする訳ですが、ククルが僕も欲しいです。何だこのハイスペックシーサー。いや、元々ハイスペックな存在ですが。
 ちなみにここで、ククルが魂と肉体についてちらっと言及しているのですが、こういう場面がもっと欲しかった……! こういう話が俺の好物なだけですが、それでも電脳伝奇的にコンピュータと魂の関係に関してのお話は、もっとガンガンやって欲しかった!! 長くなってもいいからそう言うのがあると滅茶苦茶喰い付くから! あれ何か俺自分の事棚に上げてねぇ?

 ネタばれ回避でざらっとしか話しませんが、肉体と魂の事に関して、肉体をハードウェアとして魂がソフトウェアという様な扱いをしているのだと勝手に理解。
 ソフトがぶち込まれる事で、ハードは動き出すのですが、飽くまで物理的な作用=現実で動作するのは肉体であるが故に、中身であるソフトは、それに拘らず魂として機能を果たすだけという感じですかねー。ですが、魂はソフトウェアであるのは確かですが飽くまで『魂という本質の色を持ったモノ』という訳で肉体に影響を及ぼすのは当然なのですよね。
 魂が別に肉体にぶち込まれた時、その元々の持ち主の人格やら記憶やらが全部そっちに移るという、よくあるものではなく、肉体のメモリとしての機能を果たす脳の中身に左右されるという点。こういう発想の転換は、アリです。というか結構盲点的で目から鱗。
 別のソフトが入っても、ハードの中身は変わらんという事ですな。
 もっと簡単に言うと、OSがXPだろうとVistaだろうと7だろうと、中身のHDDは変わんねぇ、って事で。

 この物語のネタとしての核心部分は良かったけど、やっぱりもうちょっと尺があっても良かった……物足りないのですよー。
 点々と描写が少なめになっているところが見られたので、そこだけがどうしても残念な点。あとがきでも書かれてましたが、駆け足というのは確かですね。もっと時間が取れていたら……と想像すると、作品のポテンシャル的に(バンバンッ

 とまぁ、要約すると『食べ足りない』という微妙な腹具合でした。
 今度はもっと大容量とか期待していい、あきらさん?!

 と、自分のホームだからと勝手な事を宣う。

拍手[0回]

マブイグミの巫女<上> もうちょっと伝奇成分欲しい感じ

 久し振りに書くのよ同人誌感想。
 今回は亜細亜姉妹さんの『マブイグミの巫女』です。
 上下巻に分かれているのですが、今回は纏めずに一冊分ずつ書きやーす。

 大ジャンルとしてはサイバーパンクでして、そこに沖縄の琉球信仰で味付けするという電脳伝奇という形を取られています。
 琉球信仰ってのは、俺はユタっていう巫女さん(正確には巫“かんなぎ”で男女差は無い)が居る程度の知識しか無かったので、正直心くすぐられる題材です。こう、自分の常識から乖離した全く思いも付かない体系ってよくね?
 神学とかカバラとか仏教って意味解んねーじゃん? 天使の階位とか、セフィロトによるパスで世界表した生命の樹とか、三千大千世界とか? どう考えても中二病の巣窟。素敵。宗教とか貶している訳じゃないですが、昔の人はこんな俺設定考えて研究しているだけで地位があったんだぜ? 今もかしら? スゴイヨネー。

 そんな琉球ベースの電脳ストーリーがマブイグミの巫女という作品です。

 そもそもは巫女さんになる修行をする為に大阪に出ていた主人公の安里由果ちゃんが、ある日マブイという沖縄では魂を意味するものを落としてしまった“魂落ち”に出会ったのが事の始まりです。
 ユタ修行中の由果ちゃんは原因が判るのだけれども、それを元に戻すためのマブイグミ――魂込め――はまだ出来ないので困って現役ユタの祖母に連絡したところ、ここからサイバーパンクっぽくなってきて、マブイグミの為のサポートアプリを貰います。形状シーサー、名前ククル、個人的に何か男前。
 で、言い忘れてたのですが、この世界では装着型のゴーグル型デバイスがありまして、簡単に言うと『.hackシリーズ』のフェイスマウントディスプレイとか『電脳コイル』の眼鏡です。あれにククルが送られてきたのです。

 で、そのディスプレイに魂の視覚化ソフトをぶちこんで魂を探すという、ある意味で中々力技な方法で落としたマブイを探して持ち主に戻すというのが、マブイグミという手段になっております。
 個人的にはここで魂が電子的なものとして扱われる理由とかもう少し詳しく説明があったりしたら、電脳伝奇としての世界観に深みが加わったかなぁ、とか思いつつ。純粋にエネルギー体みたいなものとして扱われてるとか、そんな一文があれば割とすんなり溶け込んだかしらん。

 で、このひょんとした経験から魂落ちに関わった由果ちゃんですが、ククル曰く「そうそう滅多に起こるものじゃない」ってんですが、そうは問屋が卸しませんよねー。
 落ちた魂は、放っておくと霊障と呼ばれる現象みたいなものに変わって悪性になってしまうのです。それが街中で起こってしまい、問題を解決する、というのが上巻の時点でのマブイグミの巫女の話の中核っぽいですな。
 魂が変異して化け物の形になっていて、それが電脳的な問題を引き起こしたり、物理的に事故を起こしたりするのは電脳伝奇としてとても面白かったのですが、ただ霊障の解決の仕方にもう一捻り欲しかった印象。

 読んでいると、問題の魂に対する話の厚みが少し足りなかった気がして、随分とあっさりと終わってしまった感があったので、伝奇部分にもうちょっと力を入れて欲しかったー。例えば事件が起きる前に、その当事者について少しでも描いておくだけで、事件としての形が大分明確に浮き上がってくるので、そこで結構変わってくる気もします。何か、大捕物劇っぽくなってしまっているところは、どうしても話の起伏が均されてしまっている様に。

 で、話は変わって何でこんなぼろぼろ魂落ちが起きるのか、という部分に話が行くのですが、ここで他人から魂を盗っている少女の存在が出てくるんですが……思ったよりも長くなったから下巻の感想の方に書こう。

 そしてこっそりリンクに亜細亜姉妹さんを追加しておくという。

拍手[0回]

MIGNON<前編>・<後編> いやー、久し振りにゆったりとファンタジー読んだわ。

 □(d'Alembertian) さんの小説。ジャンル百合。

 サークル名の読み方は『ダランベルシアン』で、ドイツ語か何かしらとか思いつつ、どうやら数学とか物理学関係の用語だった様で。波動方程式って意味らしいですが、そこまで俺物理オタクじゃないんで気になる人は自分で調べてみてね。

▼<前編>感想
 前編を読んだ限りでは、一つの物語をオムニバス形式で進めていくらしく、幾つかの短編が『挿話』という形で収録されています。

 出てくるのはウサギ(兎とは書かない)と月とかぐやさん。
 まー、この時点で赫夜姫モチーフですね。

 物語としての事の始まりはかぐやさんが月に帰るところからで、そこでウサギを月に連れて行くという。ウサギの描写は<前編>を読んだ感じと表紙を見た限りでは、完全に人の形をしているのか、それとも本当に兎の形をしているのかは判然としませんが、恐らくはそんなの関係無ぇ! 取り敢えず文章上の表現だけ楽しみな! 的なスタンスと推察。
 百合だしね。
 ファンタジー的な要素として、月のウサギ達の文化形成とかは面白いですな。ただ何で女の子しか居ねぇの? というところは、<後編>で追々説明されるのか、そもそもジャンル的にそんな事を訊くのは野暮なのでしょうか。

 月のウサギには、それなりの文化があって全体の装飾的な長を務める『アセビ』と、ルナリアン(作中だと月人って呼んでる)との繋ぎをする巫女という『ヒナギク』が居ます。で、このアセビと番としてパートナーであるエリカというウサギ+先述の役職のウサギがメイン張ってる感じです。
 基本は女子高生ちっくで、アセビはおしとやか、エリカは勝気、ヒナギクは委員長型。大体こんな感じ。

 三人称で物語を進めているのですが、ところどころで誤字や主語の揺らぎが見えてしまったので、そこはちょっと推敲・校正が足りなかったところでしょうか。ですが、読み進めていけばある程度気にならなくなるレベルではありますので(本当は駄目だけど)、さくさくと読めます。ただ軽快という意味ではなくて、ゆったりとした雰囲気を楽しみながらですので、牧歌的な文章が得意そうだな、と。
 その分、派手な演出の場面との差異があるのも確かで、ちょっと慣れていないのか、それとも単純にそういう視点での描き方なのかは判りませんが、違和感もしかとあり。まー、個人的な見解ですわ。

 全体的にも短めの作品ですので、挿話毎の繋がりから月のウサギ達の歴史を少しずつ紐解いていくザッピング的な視点の移り変わりが面白いです。恐らくは<前編>で月のウサギ達の大凡の事を説明して、<後編>からやっと問題というか、物語が動き出すんでしょうか。
 と、言う訳で下から<後編>感想。


▼<後編>感想
 あ、はいはい。本当に女神って神様だったのね。そして男が居ないのは意図的だったという。

 <前編>の時点でちらりとアポロっぽいのが着陸していて、その乗組員と接触した事で、男の存在を知ったという場面があったので、やはりそれが契機になるのかなー、とは思っていたのだけれども、何故か乗組員側からには月のウサギの姿が見えないという描写がされていた謎が最後までよく判らないままでしたが。

 最終的にはウサギ達は月に於いて女しか居ないという状況を不思議に思わない様に女神達に仕向けられていた事と、男との接触が原因で崩壊してはいるのですが、その辺りのアセビとエリカの自分達の与り知らぬところでの思惑に巻き込まれるというのは良かったですな。
 二人が終わりに救われたのかどうかは個人的には少し疑問でしたが。

 あと、終盤の劇。
 あれが作者の木谷裕さん的に劇中劇なのだとしたら、中途半端に観客の描写を居れずに、思い切って周りとは隔離してその劇の為だけの場面にして欲しかったなぁ……その方がエリカとアセビの動きが劇中にそのまま投影されて、劇自体の最後の役と自分の混合が盛り上がったと思うんだけれど。まぁ、観劇している少女達の描写が無いと、その後の結末に繋げるところが弱くなってしまうのもあるんでしょうが。

 読み終わった後の読後感としては挿話でのオムニバス形式を利用した独白的なエピローグは好み。けど、要所要所でどうにも説明が足りない様な気がするのもありましたね。
 どうせならもう少し神様としての女神達の描写を多くして、何をどうして女神達は考えていたのか、明白にしない程度に読者に考えさせる程度の場面が欲しかったり。あと、赫夜姫を知っているかどうかが問題なのかはよく判りませんが(俺が竹取物語とかそんなにしっかり読んだ記憶が無いから)、かぐやの立ち位置がただの憂慮の傍観者にしか思えなかったので、女神達の策謀に一体どんな意味があったのかも判らず仕舞いで……

 いや、行間読めって言われたらそれまでなんだけどさ。

 ですが、全体的にきちんと書かれていた好感触なお話でした。ただ、短編毎にして無理矢理纏めようとしたせいか、寸足らずな部分はもうちょっと補完して欲しかったです。

 こんなところか。
 さぁーて、買った同人誌の感想を出来るだけ冬休み中に消化しよう……

拍手[0回]

ヒトツナギ あー……ならしょうがないよねー。え?

 暫く振りに書いてなかったけど余裕を見つけて書くぜ同人誌感想。
 今回はお茶とコーヒーとさんの『ヒトツナギ』。
 ざらっとページを捲って見ると眼に入るファンシーな造型のキャラクターと恰好の女の子。で、主人公の名前はドロシー(津奈木・結)――OK!! オズだね!!
 そしてやっぱりオズモチーフの作品だったようで、しかし+αで千夜一夜(アラビアンナイトって書くより漢字表記の方がカッコいい俺。何でもないです)が入っている様で、ランプとか出てきます。月光条例風に言うとアラディン。

 んで、基本ベースはオズの魔法使いなので、特にこれと言ったネタバレも気にする必要も無いのですが――というかこれがネタバレかしらん――先ず、済みません読み難い……。
 何やら句点を打つ場所と量が多分でして、加えて改行ペースがちょっと独特過ぎてテンポが崩されてしまうという……あとこれは体裁のお話になるのですが、版のサイズに対して文字が小さめなので、詰め込まれた感があります。

 主人公たるドロシーちゃんの一人称はファンタジーに対して現実的な視点で軽妙に突っ込みを入れてくれるのは面白いのですが、如何せん三人称的記述と一人称が混ざってしまって、現実的というよりも何処か事務的な感じが湧いてきてしまうのが残念。いっその事どっちかに統一してしまえば、もう少し読み易かったのですが。もしくはもう事務的に淡々と突っ込み入れるキャラクターにドロシーちゃんがなっていたら良かった。
 例を出すと、ナイトメア・プロジェクトの『歪みの国のアリス』のアリスみたいな方向だと素敵。
 ドロシーちゃんには現実的な視点の突っ込みがあるのはいいのだけれど、少々ネットスラング的なところが多くてサブカルチックなのは人を選んでしまうかも知れません。よく一般人を描いている筈なのに、気が付いたら作者と混合しちゃって何故かオタクになってしまっているキャラとか居ますが、あんな感じ。
 『歪みの』みたいなアリスで、突っ込みは現実的で軽妙なのだけれど変なところで醒めてて、それでいて少し阿呆天然な感じだとファンタジー世界に入り込んだ一般人でも割とすぐに馴染むと思うんですよ。ナイトメア・プロジェクト好きで済みません。今度『7th』やろう。

 んでまー、他のキャラクターに関しては、視点を持っているドロシーちゃんとは違って、全然問題無く溶け込んでいます。だから残る課題がどうしても会話テンポと人称=地の文ですな。

 そして最後まで読み切って、もうちょっと色々と整ったら次も読みたいなぁ、と思ったところでのあとがき。

『今回、文章ものに初挑戦してみました。』

 アーハン?

 あぁ、はいはいはい。処女作だったのか!!

『何故なら申し込んだスペースのジャンルを間違えたから。』

 おい。

 道理で絵が上手い訳だよ!! 本業絵師さんじゃねぇか!!
 だったらこれ元々漫画とかで描く予定だったんじゃねぇの?! しょーがないよねー!! え?

 と、まぁ、タイトルに至る訳ですな……今度、普通にお茶とコーヒーとさんのスペース見に行ってみよう……。

拍手[0回]

異世界に召喚されればいいのに。 正直言うと、無理。

 つまらなかったデス……
 勝手な意見で非常に申し訳無いとは思うけれども、それでも感想を言うとなると、その一言が正確に正鵠を射るのに適しているのですが。
 面白くなかったです。

 別に辛口批評とかそういう事をしたい訳ではないのですが、適当に当たり障り無い事を書くぐらいなら素直に書きます、っと。

 タイトルから予想も付きますでしょうが、前回感想を書いた松明堂さんのトコの本です。
 主人公はどうやら外伝にも出てきた真君らしく(というか、作品全部の主人公が彼だったのかも)、彼の語りからスタート。これはテンプレとして作品の形式の様ですな。
 まぁ、内容はざくっと話すと異世界に召喚されました。という、単純明快でそれ以上でも以下でもない物語。
 本当に要約してしまうと、超能力の存在する世界に居た主人公(精神感応能力者)が、魔法のある世界(元世界と基本同一)に喚ばれて、そこでそちらの世界の自分と出会ったり、異世界の描写をしつつ召喚者とのいざこざを解決するというモノ。

 俺が読んだ感じなのですが、起承転結があるだけ、という構成。

 別に特にこれといって面白かったと特筆すべき事もありませんし、斬新さに筆頭すべき事も無く話は進んでいってしまって……結末もほぼ予想通りでして正に何を書けばいいのか解らない俺の感想文、イズヒア。
 魔法世界に召喚された超能力者という要素がありながら、その主人公はデウス・エクス・マキナ的な能力使用の仕方で何を言えばいいのやら判りませんし、魔法世界という要素がありながら、魔法社会というモノを全く活かし切れていないという状態。
 人物描写のそれ自体も、終盤に唐突に深みを見せられた様なところが多くて、読んでいる側としては置いてきぼり感が凄まじかった……あと、ひかりさん。あの子の存在意義が判らんかったですわーい。読み飛ばしたのかも知れませんが、世界間を自由に行き来出来てる事になってる気がしますし。

 そして最後の主人公が自分の世界に帰ろうとする時の入れ替わり描写。いや、普通に読んでて解ります。
 あとがきで作者が『解らなかった人の為に』と解説を書いてしまうのは頂けませんでした。何故ならそれは自分の描写不足と文章力の無さを棚に上げてしまって、読者に責任を擦り付けるも同然の行為ですから、やるならば自分でしっかりと読み直すなり、他人に読んでもらったりして怪訝しいところが無いかどうかを見極める必要があります。その上で誰が読んでも判るものとして作品を出すべきなのでは、と。
 俺のエゴだけれど!!(by 石鹸屋~エレクトリック・グランドファーザー~)

 あと、一人称の口語がちょっと多過ぎて……地の文ですから、せめてもう少し台詞部分・心情部分とは区別を付けてくれても良かった気が……相当テンポ良く読ませる事が出来ないと、いちいち引っ掛かってしまって読み難いデス。
 小説の体裁についても色々と気になる部分があるのですが、書くと長くなり過ぎるし、恐らくは基本的な事なので割愛。こんな事書いて何様ですか俺。

 で、本編はこんな感じでして。最後まで読み切った後にあったオマケを読む気力は僕にはありませんでした……こんなところで終了します。


 地味に貰うと嬉しがっているweb拍手の返信

> 10/17 05:09 EONさん
 有り難うございます! 何か買いに来てくれる宣言とかしてくれて胸熱……
 当日はスペースでお待ちしておりますね、俺が居れば。

 ははっ、本気でずっとスペースでじっとしていられる自信が無くなってきたぜ……。

拍手[0回]