■Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

超能力が存在すればいいのに。外伝 外伝だからかしら……?

 んー……。
 何か、こう。今一つな。

 今回は松明堂さんの『超能力が存在すればいいのに。外伝』の感想です。
 文字通り外伝なので『超能力が存在すればいいのに。』という本があります。
 夏コミ売り切れで買えなかったけどな!
 創作・文芸ジャンルを甘く見過ぎていたか……それとも既刊だったから在庫が少なかったのかしらん?

 まぁ。何にしろ読んだ訳です外伝。表紙は濱元隆輔さん(ブログ:ryuske works)で、黒髪ロング(ポイント)のセーラー服(ポイント)の女の子。絵柄は……絵柄? 何だろう絵柄の表現ジャンル知らねぇ。べつにごいりょくがひんこんなわけじゃないよ! 済んません、絵師さんのpixivで見て下さい。

 そして内容はというと、外伝でも単独で読める内容との事で購入しましたが、正直なところよく判らんかった……(遠い目)
 先ず手法的な事から見るとザッピング形式に近いのでしょうが、視点がぶれ過ぎてて、誰が物語の主人公なのか判然としなかったところでしょうか。
 一番最初には登場人物の内の一人の独白的な語りから始まるのですが、結局のところは三人称視点でザップするので、話全体の長さからすると余り効果的でないとは思いました。

 物語の緩急自体も、どちらかというと起承転結がしっかりと整っていなかった印象があって、後半は展開が割と突然且つ唐突な印象が。登場人物の設定は――恐らく本編にも登場する人物なのでしょうが――しっかりと地が固まっていましたが、それ以外は結構等閑な扱いというか……正にミステリの『一人目の被害者』みたいなパーソナリティしか無くて、残念なところ。ザッピングを使うなら、ある一つの出来事=物語に対して、個々の人物毎に心情や行動をきちんと分けてやってほしかった……折角の学校を舞台にした思春期の学生達の模様ですから、描写を深める箇所は幾らでもあった筈、と。

 人物描写もアプローチの掛け方が画一的で、大設定の基盤からちょっと持ってきているだけという感じで、何となくキャラクターが弱く感じてしまったところが全体的に見られました。基礎設定はよかったのですが、そこからの派生が足りず、読んでいて『それ以上でも以下でもない』人物ばかりに……ぬぅ、残念。

 総合的な物語としては、結末として何が描かれていたのか俺には解らず仕舞いで終わってしまい。……何となくモヤモヤ。
 本編も併せて読んだら、きっと全然違った風に見えるのでしょうが、あぁ俺は買い逃したとも!!

 とどのつまり、総評はこれ一冊だけではよぅけ判らん、という事です。

【 追 伸 】
 リンク追加しましたよっと。
 大学の友人二人のというか一人同期の一人後輩のブログ。黒紅椿ねこのつぶやきです。
 ごめん、黒紅椿の方は素で追加したの書き忘れてた。別にディスってる訳じゃなくて真面目に。でも俺が言うとディスりだと言われるよ。不思議!
 ※ディス‐る ディスリスペクトの略。何か大学のサークルでは常用語として定着。定着させた本人が主にディスられているのが現状。いとわろす。

 それぞれどんなサイトか説明すると色々長くなるので割愛。最低限の説明をすると、音楽やってるのと、ゲーム作ってるの。という風な感じです。興味ある方はどうぞー。共通の呪文はサモプリサモプリネコベルンベルンアーカナイトササキです。これが判る人はきっと彼等と仲良く出来る筈です。にゃーん。
> 10/01 12:42 浅葱さん
 いらっしゃいませ。遠路遥々有り難う御座います。
 別にわざわざコメントの方は消さずとも良かったですのにw
 感想などは寧ろ大歓迎でウェルカムですので、書き込んで下さったり拍手を送ってくれるのは一向に構いません(キリッ
 但し俺がどや顔になります。
 Memory Isotopeはそれ程でもないですが、月とMiraclousの二つは割りと長いのでPCで読み続けるのは疲れるかも知れません……読む時には、ご自分の眼を労わりつつ読んで下さいね!

拍手[0回]

Comments

Comment Form