■Calendar

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

異世界に召喚されればいいのに。 正直言うと、無理。

 つまらなかったデス……
 勝手な意見で非常に申し訳無いとは思うけれども、それでも感想を言うとなると、その一言が正確に正鵠を射るのに適しているのですが。
 面白くなかったです。

 別に辛口批評とかそういう事をしたい訳ではないのですが、適当に当たり障り無い事を書くぐらいなら素直に書きます、っと。

 タイトルから予想も付きますでしょうが、前回感想を書いた松明堂さんのトコの本です。
 主人公はどうやら外伝にも出てきた真君らしく(というか、作品全部の主人公が彼だったのかも)、彼の語りからスタート。これはテンプレとして作品の形式の様ですな。
 まぁ、内容はざくっと話すと異世界に召喚されました。という、単純明快でそれ以上でも以下でもない物語。
 本当に要約してしまうと、超能力の存在する世界に居た主人公(精神感応能力者)が、魔法のある世界(元世界と基本同一)に喚ばれて、そこでそちらの世界の自分と出会ったり、異世界の描写をしつつ召喚者とのいざこざを解決するというモノ。

 俺が読んだ感じなのですが、起承転結があるだけ、という構成。

 別に特にこれといって面白かったと特筆すべき事もありませんし、斬新さに筆頭すべき事も無く話は進んでいってしまって……結末もほぼ予想通りでして正に何を書けばいいのか解らない俺の感想文、イズヒア。
 魔法世界に召喚された超能力者という要素がありながら、その主人公はデウス・エクス・マキナ的な能力使用の仕方で何を言えばいいのやら判りませんし、魔法世界という要素がありながら、魔法社会というモノを全く活かし切れていないという状態。
 人物描写のそれ自体も、終盤に唐突に深みを見せられた様なところが多くて、読んでいる側としては置いてきぼり感が凄まじかった……あと、ひかりさん。あの子の存在意義が判らんかったですわーい。読み飛ばしたのかも知れませんが、世界間を自由に行き来出来てる事になってる気がしますし。

 そして最後の主人公が自分の世界に帰ろうとする時の入れ替わり描写。いや、普通に読んでて解ります。
 あとがきで作者が『解らなかった人の為に』と解説を書いてしまうのは頂けませんでした。何故ならそれは自分の描写不足と文章力の無さを棚に上げてしまって、読者に責任を擦り付けるも同然の行為ですから、やるならば自分でしっかりと読み直すなり、他人に読んでもらったりして怪訝しいところが無いかどうかを見極める必要があります。その上で誰が読んでも判るものとして作品を出すべきなのでは、と。
 俺のエゴだけれど!!(by 石鹸屋~エレクトリック・グランドファーザー~)

 あと、一人称の口語がちょっと多過ぎて……地の文ですから、せめてもう少し台詞部分・心情部分とは区別を付けてくれても良かった気が……相当テンポ良く読ませる事が出来ないと、いちいち引っ掛かってしまって読み難いデス。
 小説の体裁についても色々と気になる部分があるのですが、書くと長くなり過ぎるし、恐らくは基本的な事なので割愛。こんな事書いて何様ですか俺。

 で、本編はこんな感じでして。最後まで読み切った後にあったオマケを読む気力は僕にはありませんでした……こんなところで終了します。


 地味に貰うと嬉しがっているweb拍手の返信

> 10/17 05:09 EONさん
 有り難うございます! 何か買いに来てくれる宣言とかしてくれて胸熱……
 当日はスペースでお待ちしておりますね、俺が居れば。

 ははっ、本気でずっとスペースでじっとしていられる自信が無くなってきたぜ……。

拍手[0回]

Comments

Comment Form