■Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

暗黒定数式:迷い込んだ世界 ちょっと物足りなさ感

暗黒定数式』のオムニバス集に収録されていた南山まさかずさんの作品です。

タイムトラベルもの。と見せ掛けた多元宇宙移動もの。
導入で、ある程度の視点主の存在を仄めかしていてたので、視点のザッピングも特に気にせずに読み進める事が出来ました。

全体的に、さくさく読める文体で読み易かったです。

2012年から2533年に偶発的に時空間移動をしてしまったという裕也君を中心に、物語が展開するのですが、2533年には宇宙人が居たり、肉体改造済みの超人が居たり、人体量子コンピュータが実用化されていたり、ハイパービルディングを余裕で超えて成層圏すれすれの建築物があったりと、ぶっ飛んだ時代になっています。

上記の様に、設定はSFとして色々なものがちりばめられているのですが、個人的にはもうちょっと、個々の要素の全景についての描写が欲しかったところ。

タイムトラベルと見せ掛けた多元宇宙移動という物語だったのですが、伏線を張ってからの回収がちょっと早かったかな? とも感じました。
裕也君が居た時空と、移動先の時空での原爆ドームの有無が伏線となっていたのですが、その後での裕也君が知っている歴史への言及が早過ぎたかなぁ、という気も。もうちょっと引っ張ってもいいギミックだった様な……というか、これ一つで十分に短編としてのギミックとしては面白かったので、ネタバラシが早過ぎた感はありました。

記事の冒頭で盛大にネタバレしてますが、タイムトラベルと見せ掛けて多元宇宙的な宇宙間移動だった、というのがとても面白かったです。
ただ、その理屈の骨子になっていたM理論って多元宇宙を説明するものだったっけ? と、疑問符が出たので、今度ちょっと調べてみようと興味が。

最終的には、結局、何がテーマだったのか判らず仕舞いでした。
未来でのドタバタした話を描こうとしていたのかなぁ? と、思ったり。ぶっ飛んだキャラが、ぶっ飛んだ話を展開する様な。
そう言った、エンタメ狙いだったとしたら、何と言うか、展開されている物語の規模の割に、話の大きさが伝わって来なかった印象でした。

一つの宇宙規模の話だったのに、思ったより個対個の争いで完結していたかしらん?

キャラをもっと濃くさせる(背景設定は十分濃い)か、叙述トリック的に裕也をタイムトラベラーと見せ掛けた部分を軸に、話を二転三転させるギミックとか欲しかった気がして、少し物語の設定に対して、内容に物足りなさがありました。もっと判り易いド派手な展開でも良かった気も。

肝心の多元宇宙移動をした裕也君が割と空気だったので、巻き込まれ系主人公っぽい自発的な行動とか、決断がもっとあっても良かったかなー。

良く言えば王道で、悪く言えばベタ、という様な感じでした。

拍手[0回]

Comments

Comment Form