■Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

暗黒定数式:エピタフ・コンプレックス 肉が足りない……

暗黒定数式』のオムニバス集に収録されていたボレロ村上さんの作品です。

死者の人格をソフトウェアとして再現する《墓地》サービスが存在するというSF作品。

さくっとした話の軸となるガジェット『エピタフ』の説明と、世界観の技術的背景が説明されたので、すっと入り込めました。

『エピタフ』の死者の高精度な、所謂ボット化するという発想は面白かったです。
ただ、世界情勢の話が出てくるのに対して、現実の話が少な過ぎて生活感が無い? 無機質――というよりも、『死の受容』に到達した人間達しか浮かび上がってこない感じです。

ストーンメイソンの件からのエピタフの説明については、仕組み的な話をするのはいいのだけれど、物語に必要な箇所が専門用語に埋もれてしまっている様なきらいがあるのが残念。ガジェットの技術的側面が多過ぎて、小説という形態を取る必要が無い部分な気も。

解る人には解るという意味では、良くも悪くも読者を作者側から選んでいる感じ?

端折るべき場所と記述すべき場所のバランスが悪いって感じですかね……。
ザ・ミリオンと死者の実演の表現という意味なら解るけど……後編にザ・ミリオンは出てくるのかしらん?
ザ・ミリオンまでの流れと、仕組まれたプロモーション的な演出は、実に人間の人間性に対して、じわりと踏み込んではいけない暗い領域に立ち入った様な気持ち悪さがあって良かったです。
あと、世界を技術的抑圧している倫理クローラみたいのも好き。ディストピア、とは言わないし、世界が不幸な訳では(多分)無いのだろうけど、発達した科学の中で言語化されず、明確にアジられたりしていない様な鬱屈とした人間の基礎への黙殺されたテーゼとかが、もうあるんだぜ? っての良いです。良い。

前編、という形式に対して言うならば、主題に対して説明が長く、理屈だけに終始してしまったのが残念。
物語と論理が分離していたので、主要な場面となっていたエピタフについての説明シーンでは、対話として疑問を掘り下げて行くシーンとして設けられた方が面白かったかも。

物語として意義があるかというと、エピタフの概要は前シーンで描写済みなので不要で、その人間の死生観、或いは個人の延長は何処までなのか? という様な技術的意義を掘り下げたのならばまだしも、ただ論理説明だけに留まっていたので、センテンス、下手したらパラグラフごと要らなかったでは? って感じに。
個人的には、技術の理屈も好きだけれども、それに加えて形而上への踏み込みがあるのが好きなので、その辺がどうしても口惜しい。

多分、ザ・ミリオンまでの流れの為にあったのかと思うのだけれども、それにしても長過ぎた……。

っていうか前後編だと思って無かったから読後感が!が!!


こりゃ後編待つしか無いですネ。

拍手[1回]

Comments

Comment Form