■Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

ヒトツナギ あー……ならしょうがないよねー。え?

 暫く振りに書いてなかったけど余裕を見つけて書くぜ同人誌感想。
 今回はお茶とコーヒーとさんの『ヒトツナギ』。
 ざらっとページを捲って見ると眼に入るファンシーな造型のキャラクターと恰好の女の子。で、主人公の名前はドロシー(津奈木・結)――OK!! オズだね!!
 そしてやっぱりオズモチーフの作品だったようで、しかし+αで千夜一夜(アラビアンナイトって書くより漢字表記の方がカッコいい俺。何でもないです)が入っている様で、ランプとか出てきます。月光条例風に言うとアラディン。

 んで、基本ベースはオズの魔法使いなので、特にこれと言ったネタバレも気にする必要も無いのですが――というかこれがネタバレかしらん――先ず、済みません読み難い……。
 何やら句点を打つ場所と量が多分でして、加えて改行ペースがちょっと独特過ぎてテンポが崩されてしまうという……あとこれは体裁のお話になるのですが、版のサイズに対して文字が小さめなので、詰め込まれた感があります。

 主人公たるドロシーちゃんの一人称はファンタジーに対して現実的な視点で軽妙に突っ込みを入れてくれるのは面白いのですが、如何せん三人称的記述と一人称が混ざってしまって、現実的というよりも何処か事務的な感じが湧いてきてしまうのが残念。いっその事どっちかに統一してしまえば、もう少し読み易かったのですが。もしくはもう事務的に淡々と突っ込み入れるキャラクターにドロシーちゃんがなっていたら良かった。
 例を出すと、ナイトメア・プロジェクトの『歪みの国のアリス』のアリスみたいな方向だと素敵。
 ドロシーちゃんには現実的な視点の突っ込みがあるのはいいのだけれど、少々ネットスラング的なところが多くてサブカルチックなのは人を選んでしまうかも知れません。よく一般人を描いている筈なのに、気が付いたら作者と混合しちゃって何故かオタクになってしまっているキャラとか居ますが、あんな感じ。
 『歪みの』みたいなアリスで、突っ込みは現実的で軽妙なのだけれど変なところで醒めてて、それでいて少し阿呆天然な感じだとファンタジー世界に入り込んだ一般人でも割とすぐに馴染むと思うんですよ。ナイトメア・プロジェクト好きで済みません。今度『7th』やろう。

 んでまー、他のキャラクターに関しては、視点を持っているドロシーちゃんとは違って、全然問題無く溶け込んでいます。だから残る課題がどうしても会話テンポと人称=地の文ですな。

 そして最後まで読み切って、もうちょっと色々と整ったら次も読みたいなぁ、と思ったところでのあとがき。

『今回、文章ものに初挑戦してみました。』

 アーハン?

 あぁ、はいはいはい。処女作だったのか!!

『何故なら申し込んだスペースのジャンルを間違えたから。』

 おい。

 道理で絵が上手い訳だよ!! 本業絵師さんじゃねぇか!!
 だったらこれ元々漫画とかで描く予定だったんじゃねぇの?! しょーがないよねー!! え?

 と、まぁ、タイトルに至る訳ですな……今度、普通にお茶とコーヒーとさんのスペース見に行ってみよう……。

拍手[0回]

Comments

Comment Form