■Calendar

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Memory Isotope 8/記憶同位体の有効活用:Side-Gnosis

8/記憶同位体の有効活用:Side-Gnosis


〝どんなもんでした、ツッチーの件は?〟
「あぁ、中々面白かったよ、横戸君」
 電話先の相手に向かって、鼎は答えた。
〝あぁーん? 面白かった? うわ、やっぱ変人だわアンタ。殺人鬼の事で面白いとかキモイです〟
「いやいや、今回は特殊だよ。絡んできた人間が、一人居てね」
 ふーん、と電話の相手――横戸縦は適当に答える。
〝まぁ、どうでもいいっスけど。オレは面倒に巻き込まれなければいいんで〟
 ところで、と横戸は話を変える。
〝己はどうなったんですか? アイツ大怪我したみたいですけど〟
「片腕を切断したみたいだよ。……そうだね、きっと彼の事だ、多分怪我が治ったら別の街で殺人鬼になるんじゃないかな」
〝何をさらっと言っとるんですかアンタ〟
 あっはっはっはっ、と笑いながら鼎は言う。
「別にいいじゃないか、私は彼を否定するつもりは無いし。何をするのも彼の自由だ」
 と、そこでドアノッカーが客の訪問を告げた。
「あぁ、お客さんだ。これで失礼するよ、横戸君」
〝へーい、そんじゃまた今度、機会があればー〟
「そうだね。それと今回は有り難う、楽しめたよ。それにお陰で面白い人材を雇えそうだ」
 へぇ、と興味があるのか無いのか、よく解らない声を出して横戸は電話を切った。
 さて、と鼎は玄関の方を見る。
「――どうぞ」
 その声に合わせて、がちゃり、と玄関のドアの開く音がした。そして彼女は入ってきた男を迎える。
「いらっしゃい、有栖君」
「……どうも、カナエさん」
 微妙に決まり悪そうな顔をした有栖に、鼎は微笑みを向ける。
「今日はどうしたのかな?」
「えぇー……いや、別に用は無かったんですけど……その、何と言うかですね……」
 有栖は口籠もりながら、遠慮がちに言う。
「えっと、俺働き口を探しててですね……ここ、万屋みたいな事してるって柘榴ちゃんから聞いて……それでそのー……俺の事、雇ってくれません?」
 それに、鼎は笑顔で答えた。
「勿論だとも」

Memory Isotope……End

拍手[0回]

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form