■Calendar

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Memory Isotope 5/『殺人』講釈:Side-M

5/『殺人』講釈:Side-M


「例えば、私は太宰が大嫌いだ」
 二度目の訪問で、鼎さんはそう言った。
 鼎さんは前とは違って、アオザイを着ていた。ただ、目隠しだけは変わらずに付けている。
「世にも有名な死にたがりの彼だけど、『生まれてきて済みません』と言う割には、作家として大成している」
 殺人の話を聞きに来たのに、鼎さんは関係無い事を倩々と語る。
 俺が、何故人を殺したくなるのか。その原因を話してくれる筈だったんだけど、どうでもいい事を語り出す。
 初対面での第一印象から変人だったけど、更に意味が解らない。けれどもこの人が俺の事を、問題を解決出来るという事は、その独特の雰囲気――妖しげ、とでもいうのか――から期待出来てしまう。
「彼は何をしたかったのだろう。それを考えるととても面白い。例えば『走れメロス』は太宰の作品の中でも、希望や明るさがあると言われているけれども、私の裡ではアレは彼一流の皮肉と自虐に見える」
 はぁ、と俺は適当に相槌を打つ。
「自分に出来ない事、そして有り得ない事を描く事で、自分の人格を何処かで正当化しようとしている様に見えるんだ。『見ろよお前等、世界はこんなもんだ』ってね。けど彼は挫折する、何故なら自分が大好きの癖に、それを否定して嫌悪しているからね」
 この話に、意味はあるのだろうか。
 何を語って、俺に繋がるのだろうか。
「最終的に彼は自殺を試みた。自分を殺そうとした。けれど失敗した挙句に、心中相手だけを殺したんだ」
 ざまぁみろだね、と鼎さんは、あっはっはっはっ、と笑う。
 笑えない。
 何を笑うべきだったのか、よく解らない。
「まぁ、最終的に自殺は成功したんだけどね。まぁ、繰り返していれば死ねるだろうさ」
 鼎さんの眼は、目隠しの下で少し面白くなさそうにした様に見えた。
「ここで簡単に判るだろうけれども、殺意と悪意は違うモノだ」
「殺意と悪意……ですか?」
 そう、と鼎さんは頷く。
「彼は殺意で自らを殺した。けれども君は悪意で人を殺したんだ」
 唐突。
 いきなり、繋がった。
 茫洋とした断定に、心中を曇らせていると鼎さんは話を続ける。
「人を殺すという行為は、実は特に理由は要らない。社会とか人間関係に無理矢理に動機を見出す事は無意味だ。何故なら、どんな状況であれ殺す時は殺すからだ」
 確かに。俺は突発的に殺した。アイツを、気に入らないからと、ウザかったからと。
「それは殺意とは呼ばない。確かに、世の中に殺意というものは存在するだろうけど、それは殺人という行為に関して、二つの内の一つを選択しているだけに過ぎない」
「それは」
 何を、選択するんだろう。
「明快な事さ。人殺しというのは、『人』を『殺す』んだ。殺意は『人』を、悪意は『殺す』事を選んでいる。境界線が余りにも曖昧だから、時に殺人は単純不可分なものと錯覚される行為なんだ」
 鼎さんは少し間を置いて、俺を、その隠した目線で――見据える。
 理解出来るだろう、と鼎さんは言う。
 出来る。何と無くだけど、解る。
 俺はアイツを殺したけれども、その時に感じていたものは、一つの人間性を消した事じゃなくて、生命を奪った事に関してだ。
 悦び。
 いっそ、快楽。
 興奮していたんだ。
「君は人を殺す事を止められない」
「止めるつもりが無い、ですね」
「人殺し、殺人鬼に社会病質者と名付けて分類する事に意味は無い。そんなものは、結局のところ計れないモノを無理矢理に追い遣る為の便宜に過ぎないんだ。だから、それはそれとして殺人淫楽と言ってしまえば、それ以上でも以下でもない」
 だったら、どうすればいい。
 俺は止められないと自覚してしまった。視えなかったモノを直視出来る様になってしまった。
 止まらなくなる。
「それでいいんだよ」
 予想外に、鼎さんは微笑んだ。
「私は世界が好きだ。色々なものがある、この面白い世界が好きだ。だから私は否定しない。けれども社会はそれを許容はしてくれないだろうね」
 そうだ。そうに決まっている。一番の問題はそこなんだろう。定義された罪には罰が加わる。
「折り合いを付ければいいんだ、マジョリティーと。君は一部にならざるを得ないけれども、向こうは君を排除する。だったら、君は自由にすればいい。文字通り、己を由とするんだ」
「…………」
 あぁ、だったら話は早い。
 俺が求めていた平穏は、飽くまで俺が今まで属させられていた社会の平穏だ。けれども、俺にとっての平穏は、違うモノだった。
 だから、人を殺し続けてもいいんだ。


6/澪の流れ:Side-L

拍手[0回]

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form