■Calendar

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Memory Isotope 3/ブラックお悩み相談:Side-M

3/ブラックお悩み相談:Side-M


「人を殺したぁ?」
 素っ頓狂なその声に俺は首肯した。
 大学の食堂で、不味い飯の箸を止め、友人の横戸縦(よことよしや)は俺を怪訝そうに見る。
「おいおいツッチー。いきなり何を言い出すんだよ。とうとうクスリやり過ぎて頭が打っ壊れたか?」
「物騒な事言うな。俺は別にクスリなんてやってないし、まともだ。しかも何だツッチーって」
「己(つちのと)って呼ぶの面倒臭ぇんだよ。ってか物騒なのはどっち? 人殺しとかこんな公共の場所で言うのって頭悪いよー」
「別に誰も聞いてないだろ。大体、まともに聞き耳立てる奴が居るかって」
 それもそうだな、と横戸は箸を動かし始めた。
「で、何で殺した? つーか誰を?」
 こいつは俺の言葉を疑う気が更々無いが、責める気も無い。変人だ、数少ない友人の中での変人だ。
「駒崎を殺した」
「駒崎、ねぇ。そう言えば最近行方不明になってたっけか。あぁー、この前繁華街の路地裏で見付かった身元不明の男性の死体ってアイツか?」
 横戸は記憶を検索する様に食堂の天井を見上げてぼやく。全くどうでもいいといった様子だ、興味が無いんだろう。こういうところが、俺とこいつが友人関係を作れている所以か。互いにある程度のところまでしか踏み込まない。『友人』という笑える他人との繋がりを、さばさばとした調子で捌ける事。実際、直面してしまえば互いに捨てる事を厭わないと解っているから築けるモノだ。
 信頼も信用も無い要素。
 中々どうして理想的な関係だ。剰え、こいつは色んな汚いところに顔が利く。だからこそ、万が一にでもこいつが俺を警察に売ったりする事は無いと、容易く犯罪について語れる。何故なら横戸は警察が大好きだが、警察はこいつを毛嫌いしているから。
「ウザがってたのは知ってたけど、殺すかい普通。というか、そんなヘビーな話オレにしないで。法治国家の国民としては、警察機構に連絡しなくちゃならんよ、そしてテレビでオレはこう言うだろう。『いえ、真面目でいい奴でしたよ。あいつが人殺しなんて信じられません』。顔にモザイク、声はヘリウム持参で変えてやろうか」
「後付の印象と心象程当てにならないものは無いだろうが」
「そりゃご明察な事で。ま、オレは警察に嫌われてますがね、先天的に」
「後天的だろ、完全犯罪者の癖に」
 因みに、これは『完全犯罪』者という意味ではなく、『完全』犯罪者という事だ。反則者でも可。こいつはそろそろ刑務所に打ち込まれてもいい頃合な気もする。
 犯罪行為に関して反省する気が無い人種なんだろう。寧ろ、自分で決めた一線以外は何でもするんじゃないだろうか。真性の犯罪者だ。パーフェクト。
「で、何? まさかオレに殺人の処理を頼むんじゃないだろうな、断るぜ」
「処理は頼まない。もう手遅れだし。俺は人を殺しても平穏に暮らす手段が欲しい」
「何だそれ。修羅場を潜った犯罪の先輩に頼み事って訳か? 己(つちのと)、お前勘違いしてるって。オレは法を犯すのが趣味じゃねぇんだ。たまたまやりたい事が犯罪になってんだ。だから殺人じゃあ、余りにも一足飛び過ぎる。俺のキャパを越えています」
「キャパは無くてもコネはあるだろ」
 ん、んー、と変な声を出しながら、横戸は箸で食器を叩いた。行儀が悪い。
「あるけど、一つだけだな、教えるとしたら。正直、巻き込まれんの嫌。勝手に死んでくれって感じだから。それでもいいなら教えるけど」
 この正直者め。次はこいつを殺してやろうか。
「何でもいい」
「わぁ即決? そりゃ凄い、相当切迫してるな。まぁ誰にも迷惑掛からないコネだからいいけどよ。じゃあ、商店街のアーケードの路地裏に入って黒猫を探せ」
「猫? 探してどうするんだよ」
「黒猫を見つけて付いて行けば、後は勝手に目的地に着くからよ。向こうにはこっちから連絡をしておくから。事態は勝手に進行していくぜ」
「…………」
「何だよ、疑ってんのか? 他人の平穏を奪っておいて平穏に暮らしたいんだろ? んな都合のいい願いが簡単に叶う程、この社会はまだ崩れてねぇのよ? だからとどのつまり、結果は手前の能力と責任次第なんだぜ? お解り?」
 人殺しの俺に、犯罪者は皮肉気に笑う。
 道徳に背いている人間と、秩序に背いている人間。一体、どっちがマシなものだろうか。守るべき道理と呼ばれているものには最初から興味が無かった俺だが、意識的に道を逸れている奴よりも、無意識に踏み外している俺の方がまともな気はする。
 まぁ、どうでもいい事だ。
 俺達はギブ・アンド・テイクにも満たない、かったるいだけの関係だ。出すもの頼んで出されたものを貰う。そもそも互いに無償なんて考えてないんだから、対価は自然と何処かから出ている。
「解ったよ。お前の言う通り、猫を探す」
 この話で、何の利益も無い横戸が俺に求めている前提は一つだけ。
「どんな事になっても、俺のせいにすればいいんだろ?」


4/鼎立の成立:Side-L

拍手[0回]

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form