■Calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Memory Isotope 2/そもそもの端緒:Side-M

2/そもそもの端緒:Side-M


 何で俺はあいつを殺したのだろう。
 ふと、考え込んでみる。
 確かに、俺はあいつが嫌いだった。しかし殺意を抱いて行為に反映させる程のモノでは無かったと思う。あの時は、どうかしてでもいたのだろうか。
 いや、特別な状況というものを想定する事に意味は無い。それを言ってしまえば、どんな事でも『特別だから』と括って逃げ切る事が出来てしまうから。だから、やっぱり俺はあいつを殺したくて殺したんだろう。
 殺ってみた後は、案外に心は正常だった。
 我ながら不思議だとは思う。常識的に考えて、人を殺せば怯えるなり悩むなりするのが普通だろうから。『デスノート』だって、主人公は最初は人を殺す事に関して精神が磨耗していた。
 でも俺は違う。
 寧ろ楽しかった。一方的にあいつを肉塊にするのは、ただただ愉しかった。自分が『人間』という生物をぐずぐずにしている。蟻を靴の裏で擂り潰す様に。無心の背徳で、享楽から背筋が伸びて余計に身体に力が入っていった。
 うっかりしていると、また……誰でもいいから殺りたくなる程に。
 どうしてこんな風になったんだろうか。世間で騒がれたりする殺人鬼だったら、普通は端から何処かで怪訝しいところのある社会病質者の筈だ。自分でこんな事を言うのも変だけど、俺は普通な人間だ。
 狂人は自身の狂気に自覚が無いとはよく言うけれども、俺は知り合いとのコミュニケーションは取れてるし、変な性癖も無い。マスターベーションだって健康的だ。そんな明ら様に変態っぽいところは無いし、言われないし、思い付かない。
 …………、考えても仕方が無い。
 俺はあいつを殺したけど、別に社会的にもあんな奴が死んで困る奴も居ない。泣く奴は居るだろうけど、正直どっかの誰かの悲哀なんて知ったこっちゃない。被害者に共感して世間が俺を責め立てるなら、同じ様に戦争を止めて来いって話だ。他人への同情は、ユニセフに募金してボランティアに心血注いでから始めるべき。ノーベル平和賞が何で凄いか皆知らないのだろうか? 全く、正しい感情は往々にして偽善に摩り替えられるから困る。
 まぁ、唯一のしこりは警察の捜査だ。
 あの日は雨だったし、場所も場所だったから証言も証拠も殆ど役に立つ様なモノは無い筈だ。あいつに遇ったのも偶然で、狙ったものじゃないし、殺したのも突発的なものだった。それに現場に俺という顔見知りっぽい痕跡がある訳でも、俺を特定出来る物証を残した訳でもない。
 たまたま、外をぶらぶらしている時に、俺はあいつのへらへらした気色の悪い横顔を見て打ち殺しただけだから。思うに、単純にウザかったんだろう。生理的に。
 しかしまぁ、今回上手くいった事を考えると、存外に人を殺すのは簡単だ。まだ日も経ってないから、これからあいつを殺した事がどう展開するかは判らないけど、十中八九心配は要らないと思う。ただ今後の事は、保険としてしっかりしておきたい。
 そうだ。
 ちょうどいい奴が居るから相談をしよう――次に、誰かを殺す時の為にも。


3/ブラックお悩み相談:Side-M

拍手[0回]

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form