■Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■Comment

Name:
無料掲示板

■Twitter

■Search

Memory Isotope 2/そもそもの端緒:Side-M

2/そもそもの端緒:Side-M


 何で俺はあいつを殺したのだろう。
 ふと、考え込んでみる。
 確かに、俺はあいつが嫌いだった。しかし殺意を抱いて行為に反映させる程のモノでは無かったと思う。あの時は、どうかしてでもいたのだろうか。
 いや、特別な状況というものを想定する事に意味は無い。それを言ってしまえば、どんな事でも『特別だから』と括って逃げ切る事が出来てしまうから。だから、やっぱり俺はあいつを殺したくて殺したんだろう。
 殺ってみた後は、案外に心は正常だった。
 我ながら不思議だとは思う。常識的に考えて、人を殺せば怯えるなり悩むなりするのが普通だろうから。『デスノート』だって、主人公は最初は人を殺す事に関して精神が磨耗していた。
 でも俺は違う。
 寧ろ楽しかった。一方的にあいつを肉塊にするのは、ただただ愉しかった。自分が『人間』という生物をぐずぐずにしている。蟻を靴の裏で擂り潰す様に。無心の背徳で、享楽から背筋が伸びて余計に身体に力が入っていった。
 うっかりしていると、また……誰でもいいから殺りたくなる程に。
 どうしてこんな風になったんだろうか。世間で騒がれたりする殺人鬼だったら、普通は端から何処かで怪訝しいところのある社会病質者の筈だ。自分でこんな事を言うのも変だけど、俺は普通な人間だ。
 狂人は自身の狂気に自覚が無いとはよく言うけれども、俺は知り合いとのコミュニケーションは取れてるし、変な性癖も無い。マスターベーションだって健康的だ。そんな明ら様に変態っぽいところは無いし、言われないし、思い付かない。
 …………、考えても仕方が無い。
 俺はあいつを殺したけど、別に社会的にもあんな奴が死んで困る奴も居ない。泣く奴は居るだろうけど、正直どっかの誰かの悲哀なんて知ったこっちゃない。被害者に共感して世間が俺を責め立てるなら、同じ様に戦争を止めて来いって話だ。他人への同情は、ユニセフに募金してボランティアに心血注いでから始めるべき。ノーベル平和賞が何で凄いか皆知らないのだろうか? 全く、正しい感情は往々にして偽善に摩り替えられるから困る。
 まぁ、唯一のしこりは警察の捜査だ。
 あの日は雨だったし、場所も場所だったから証言も証拠も殆ど役に立つ様なモノは無い筈だ。あいつに遇ったのも偶然で、狙ったものじゃないし、殺したのも突発的なものだった。それに現場に俺という顔見知りっぽい痕跡がある訳でも、俺を特定出来る物証を残した訳でもない。
 たまたま、外をぶらぶらしている時に、俺はあいつのへらへらした気色の悪い横顔を見て打ち殺しただけだから。思うに、単純にウザかったんだろう。生理的に。
 しかしまぁ、今回上手くいった事を考えると、存外に人を殺すのは簡単だ。まだ日も経ってないから、これからあいつを殺した事がどう展開するかは判らないけど、十中八九心配は要らないと思う。ただ今後の事は、保険としてしっかりしておきたい。
 そうだ。
 ちょうどいい奴が居るから相談をしよう――次に、誰かを殺す時の為にも。


3/ブラックお悩み相談:Side-M

拍手[0回]

イベント

 イベント参加履歴

 ◆2010年
 11/14 コミティア94

 12/29 コミックマーケット79

 ◆2011年
 2/13 コミティア95

 5/5 コミティア96

 8/14 コミックマーケット80

 8/21 コミティア97

 10/30 コミティア98

 ◆2012年
 5/7 第14回文学フリマ

拍手[0回]

Memory Isotope 1/とある人殺しの回想:Side-L

1/とある人殺しの回想:Side-L


 最悪な日ってもんがある。
 目と意識を逸らしたくなる様な状況にばかり曝されて、二十四時間どうやって逃避をすればいいのか悩む日の事だ。
 誰だって生きていれば、それこそ俺の様に十九年程生きてれば、数えてないかも知れないが二桁以上はそんな日がある。これは断定だ、例外は認めんよ。
 で、俺の場合は厄介な事に、俺が最悪と定義する日は簡単に訪れてしまう。何故なら俺自身がある状態を最悪だと思っているから。
 眼帯を忘れた日が最悪だ。
 視える右目を隠す為の眼帯。普通の、医療用の、市販で売ってる奴ね。特別製でも何でも無い。要は、片目を瞑り続けるのも片手で押さえ続けるのも疲れるから買っただけ。包帯でもいいんだけどね、明らかに怪しいでしょ、包帯で右目を隠す男って。
 ちょっと前に事故に遭ったせいで、家族は俺以外皆死んじまって、その時に俺の右目は死んだ。けど代わりに兄貴の角膜を移植されたから、俺の眼は全くの健康体。
 そう、だからこそ、何でこいつ眼帯なんか付けてんの? みたいな疑問が湧くだろう。本当は俺だってやだよ。何かヴィジュアル系みたいだし。だけど、俺は天涯孤独になっちまったから――いや、親戚は居るけれども――この眼について相談出来る家族は居ない。
 事故から社会復帰した時には、今までの知り合いとは音信不通にせざるを得なかったから、それ以外の事情を知らない人は皆、俺の眼が見えていない、もしくは怪我か病気でもしているとでも思うのだけど、まぁ違うんだよね。ばっちり見えてるしね。視力は両目とも〇・九。本当にばっちりだ。生活には障り無し、ネタにしては障り有り。
 そもそも、この眼について本気で誰かに話すとなると相当の勇気が要る。何故って、俺的にはこれ、邪気眼だもん。発作的に思春期全開で『オレの右目が疼く……!』みたいな事にはならんけど、視えるってだけで、ただの夢の国の住人になっちまう。
 でだ。で、だ。俺がどういう状況なのかと言うと、眼帯は、無い。
 つまり俺は最悪絶不調。
 袋小路の路地裏で茫然としていて、糠雨が鬱陶しい。そんな光景が視えますね。いや、誰も来てないから誰もそんな光景は見てないでしょうがね。
 妙に空気が生暖かい。湿度が高い、梅雨独特の空気。じっとりとした肌に纏わり付く湿気が、ほんの少しの運動だけで汗だか水だか判らないままに服をぐっしょりと湿らせる。
 その実、鼓動は早い。
 身体の中心が震源にでもなっている錯覚を起こしそうなアレグロさ。動悸は激しく吐く息も荒い。耳の奥から溶岩の様な音がする。落ち着けと息を吸い込み吐き出すが、それでも心臓は言う事を聞かない。
 ――あぁ、いや。
 それ以前に雨が降っているから関係無い。どんなに身体が芯から火照ろうが冷やされようが、着ている服がぐしょぐしょになったまま立ち尽くす。目前にある今一番の今日最大の最悪に、忘我するだけ。
 ここは普段誰も通らない路地裏。今この状況が露呈する心配も無い。証拠は雨で流れるし、臭いなんかも漂わない。少なくともここを充分に離れてからでないとバレる事はそうそう無い――そうだ、自分のやった事に不安は無い。
 不味い。
 不味いんだよ。このまま本当にあっさりと逃げ切れたら、味を占めちまいそうだ。一瞬の、一時の恍惚。たったあれだけの短い時間で、あそこまでの悦楽染みた狂感を得られるなんて、不味過ぎる。
 知っちまったら戻れない――戻り方を知る気が失せる。
 一方的な嗜虐感。単純な、それでいて歪な闘争本能。脳味噌の回路が打っ壊れそうに興奮が巡る。目前の事以外には、もう何も考える気が無くなる危険な信号伝達。奪ってやったという明確な支配に、気持ち悪く笑みが零れちまう。
 これは理性じゃあお話にならない。
 一つ、困ったのは――感覚とは別に、俺が殺人という事実に耐えられるか、どうかだ。


2/そもそもの端緒:Side-M

拍手[0回]